ライフカード未払い分の時効はあるの?

ライフカード未払い分の時効について

滞納してしまっているとき、借金にも時効があれば、逃げ切れるんじゃないかと思っていませんか?
未払い分の時効が成立する場合もありますが、借金の時効はそう簡単に成立するものではありません。
実際に私の周りでも借金の時効が成立した人はいません。
なので支払いの目処がたたない・滞納しているなど、返済に困っている場合は、きちんとした対応をする必要があります。

お金がない状況を悩み続ける日々を終わりにしませんか?
コチラなら匿名で借金の無料相談ができます!

借金の時効について

時効成立の条件

  • 最終返済日から5年が経過している(金融機関からの借金)
  • 時効の中断事由がない
  • 時効の援用手続きを行う

借金の時効を成立させたいのであれば、条件があります。
この条件をすべてクリアすることで、時効が成立する場合もあります。
簡単そうに見えるかもしれませんが、とても複雑で簡単なものではありません。
5年待てば時効になるなら待っておこうと思っているならそれはやめておいた方がいいかと思います。
もし簡単に時効が成立してしまうのなら、みんなそうしてるはずですよね。
ほとんどの債務者が借金で頭を悩ませています。

もうどこもお金を貸してくれないと諦めていませんか?

延滞続けてるから、違うところでは借りれない。
早く借金を返したい。

必見! 他のところからの借り入れがあっても対応してくれるのはこの金融会社です!

時効の中断とは

時効の中断とは、簡単に説明しますと、あと1年で時効を迎えるというときに、時効の中断の理由に該当することがあればそこで時効がリセットされてしまうということです。

時効の中断の理由とは?

  • 借りた人が自分の借り入れの事実を認めた場合
  • 貸主から裁判を起こされた場合
  • 配達記録のついた郵便、内容証明郵便などを受け取った場合
このようなことがあった場合は、返済を一切せずに5年か10年が経過し、貸主に時効の制度を使うことを伝えたとしても、時効が成立しないことがあるようです。

時効の援用の手続きとは

時効の援用とは時効が完成したことを正式に主張することです。裁判所が勝手に時効の判断をしてくれるわけではないので、正式に時効を主張する必要があります。1度も返済せずに、債権者からの連絡も無視し続けて5年が経過したとしても、そこで自動的に時効成立にはなりませんので、注意が必要です。

では手続きするにはどのようにしたらいいのでしょうか?

時効の援用の手続きをするには、時効援用通知を作成して、内容証明郵便で債権者(借金しているところ)に送ることで時効の援用となり、正式に時効が成立します。この手続きは自分でしようとしても難しく、簡単にできるものではありません。
チェック 借金の事を無料で相談できる匿名相談窓口はこちら

借金のことなら時効以外の相談もOK!

  • 時効が成立しているかどうか
  • 過払い金について
  • 複数のところから借金してる
  • 督促の電話が怖い
借金の悩みは周りの人に相談しづらいですよね。 実際に私も過去に1人で悩んでいた時期がありましたが、とても生きた心地がしなくて苦しかったです。 そんな時に親身に相談にのって下さり、早く相談すればよかったと悩んでいた日々が嘘のように明るくなりました!

24時間全国対応中!借金の相談ならコチラ!

© 2021 ライフカードからの督促電話やSMSを無視していませんか?